『マス・コミュニケーション研究』 Journal of Mass Communication Studies

本学会の学会誌は『新聞学評論』という誌名で1952年に創刊されました。学会名変更にともない、1993年に誌名が『マス・コミュニケーション研究』に変更され、年2回の刊行に改めました。会員からの投稿論文、編集委員会が企画する特集論文が掲載されています。

J-STAGEでご覧いただけます。

The Society’s academic journal was founded in 1952 under the name “the Japanese Journalism Review.” In 1993, its name was changed to “the Journal of Mass Communication Studies” and it became a biannual publication. The Journal publishes papers submitted by Society members, feature papers planned by the editorial board.

購入について

学会誌『マス・コミュニケーション研究』
価格:3,300円(本体3,000円+税)

99号(2021年7月)以降の号を追加購入したい場合は、東京大学出版会までご連絡ください(連絡先メール:order【a】utp.or.jp 【a】は@に置き換えてください)。会員以外の方も、バックナンバーや最新号をご購入いただけます。98号(2021年1月)以前のバックナンバーについては、学会事務局にお問い合わせください。いずれの場合も、送料は購入者のご負担になります。

※注文時に会員である旨をお申し出いただければ、会員の方は2割引きにて販売いたします。

※前身の『新聞学評論』全号を含め、在庫がなく販売できない号もあります。図書館や既刊号一覧をご利用ください。

>>既刊号一覧はこちら