2022年春季大会 プログラム

大会参加申込・参加費支払について(ご案内)

2022年度春季大会参加費は、PassMarket経由でお支払いください。参加費は以下の通りです。お弁当のチケットも購入可能です。

日本メディア学会会員3000円
一般(非会員)4000円
学生・院生・無給の研究員等1000円(自己申告制、会員・非会員問わず)

日本メディア学会 2022年春季大会

( 共催 : 日本女子大学人間社会学部現代社会学科 )

6月4日(土) 午前午後

6月5日(日) 午前午後


>> 要旨集PDFのダウンロード

>> 大会会場でのネット環境についてのご案内

6月4日 【午前の部】

9:00受付開始

シンポジウム1

時間テーマ発表者(所属)
10:00-12:50ソーシャルメディアの日常世界ビデオメッセージ:Zizi Papacharissi (イリノイ大学)
問題提起者:羽渕一代 (弘前大学)
問題提起者:木村絵里子 (日本女子大学)
問題提起者:吉光正絵 (長崎県立大学)
討論者:田中洋美 (明治大学)
討論者:富田英典 (関西大学)
司会者:平田由紀江 (日本女子大学)

 

6月4日 【午後の部】

13:00-13:50会長・開催校挨拶、総会、優秀論文賞授賞式
14:00-15:00理事会                 

個人・共同研究発表1

司会: (調整中)

時間テーマ発表者(所属)
15:00-15:302020東京オリンピックとメディア生態系の変容:若年層におけるオリンピックのニュース受容土橋臣吾 (法政大学)
15:35-16:052020東京オリンピックとメディア生態系の変容:Yahoo!ニュースというプラットフォームに着目して有元健 (国際基督教大学)
16:10-16:402020東京オリンピックとメディア生態系の変容:Twitter空間の「なでしこジャパン」バッシングにみるミソジニーの情動的発露と循環加藤穂香 (国際基督教大学大学院院生)
16:45-17:152020東京オリンピックとメディア生態系の変容:「ソーシャル・アスリート」が生み出す新たな「メディア・スポーツ生態系」山本敦久 (成城大学)

個人・共同研究発表2

司会: (調整中)

時間テーマ発表者(所属)
15:00-15:30テレビ受像機における放送と配信の時間的代替関係の研究山津貴之 (株式会社インテージ)
15:35-16:05在京キー局における新型コロナウイルス報道変容:これまでの災害報道との違いを中心に桶田 敦 (大妻女子大学)
16:10-16:40民放テレビ・ラジオ実態調査:「コロナ時代の民放報道研究」から本間謙介 (日本民間放送連盟)
16:45-17:25放送アーカイブ活用と肖像権ガイドライン:映像の公開判断とマスメディアの使命大髙 崇 (NHK放送文化研究所)、
数藤雅彦 (五常総合法律事務所)

ワークショップ1

時間テーマ発表者(所属)
15:00-17:00アジアの政治運動とサブカルチャー実践司会者:伊藤昌亮 (成蹊大学)
問題提起者:陳怡禎 (日本大学)
問題提起者:石川ルジラット (青山学院大学)
討論者:松井隆志 (武蔵大学)
〔企画:ネットワーク社会研究部会〕

ワークショップ2

時間テーマ発表者(所属)
15:00-17:00ネット時代のコミュニティ情報の可能性:「放送」から「通信」へ 地域情報発信を問う司会者:川又実 (四国学院大学)
問題提起者:牛山佳菜代 (目白大学)
討論者:千種伸彰 (株式会社プラウドコンサルティング)
討論者:齋藤聖一 (NPO法人地域メディア研究所)
〔企画:川又実 四国学院大学〕

ワークショップ3

時間テーマ発表者(所属)
15:00-17:00メディア研究と文学・文化研究司会者:門林岳史 (関西大学)
問題提起者:梅田拓也 (同志社女子大学)
問題提起者:今関裕太 (江戸川大学)
〔企画:梅田拓也 同志社女子大学〕

ワークショップ4

時間テーマ発表者(所属)
15:00-17:00ジャーナリスト調査研究が、今しなければならないこと:ジャーナリストとジャーナリズム研究の対話に向けて司会者:中正樹 (日本大学)
問題提起者:山口仁 (日本大学)
討論者:湯本和寛 (信越放送)
〔企画:佐幸信介 日本大学〕

6月5日 【午前の部】

9:00受付開始

個人・共同研究発表3

司会: (調整中)

時間テーマ発表者(所属)
10:00-10:30Web 2.0 時代以来の若者のファンダム・システムと新たな価値搾取:中国の‘227事件’を例として魏雯寧 (関西大学大学院院生)
10:35-11:05地方在住のメディアミックス作品のファン経験とライフコース杉山怜美 (慶應義塾大学大学院院生)
11:10-11:40趣味縁がはらむ包摂と排除:正負の性質から考察する両義性髙木悠希 (千葉大学大学院院生)
11:45-12:15「消費社会の論理がコミュニケーションに浸透した」とはどういうことか富永京子 (立命館大学)

個人・共同研究発表4

司会: (調整中)

時間テーマ発表者(所属)
10:00-10:30中国における記者に対する褒賞は効果的なメディア統制なのか:新聞記事賞が地方紙のニュース生産実践に与える影響の実証分析于 海春 (早稲田大学現代政治経済研究所)
10:35-11:05フードポルノにいかに抵抗するか:農業従事者のインスタグラムと食の政治化長山智香子 (名古屋大学)
11:10-11:50自然写真の「自然」の伝え方にはどのような様相があるのか:自然に対する理解に関する国際的な視座に基づいて大原尚之 (北海道大学大学院)、
山中康裕 (北海道大学大学院)

ワークショップ5

時間テーマ発表者(所属)
10:00-12:00博論を本にする:メディア史の場合司会者:水野剛也 (明治大学)
問題提起者:大尾侑子 (東京経済大学)
問題提起者:水出幸輝 (同志社大学)
〔企画:メディア史研究部会〕

ワークショップ6

時間テーマ発表者(所属)
10:00-12:00第49回衆院選報道とテレビの信頼司会者:平田明裕 (NHK放送文化研究所)
問題提起者:渡邊久哲 (上智大学)
討論者:小寺敦之 (東洋英和女学院大学)
〔企画:放送研究部会〕

ワークショップ7

時間テーマ発表者(所属)
10:00-12:0021世紀の政治・メディア・デモクラシー:ネグリ/ハートの『アセンブリ―新たな民主主義の編成』(岩波書店、2022 年)を中心に司会者: 清水知子 (東京藝術大学)
問題提起者:水嶋一憲 (大阪産業大学)
討論者: 倉橋耕平 (創価大学)
討論者:三牧聖子 (同志社大学)
〔企画:理論研究部会〕

ワークショップ8

時間テーマ発表者(所属)
10:00-12:00沖縄のZ世代を知る:名護市長選、新コザ騒動を入り口に司会者:金平茂紀 (早稲田大学)
問題提起者:阿部岳 (沖縄タイムズ)
討論者:渡真利優人 (沖縄Z世代メディア研究会代表・沖縄国際大学大学院生)
〔企画:ジャーナリズム教育研究部会〕

 

6月5日 【午後の部】

ポスターセッション

ホスト: (調整中)

時間テーマ発表者(所属)
12:00-13:00「ワシントン軍縮期の軍縮世論」と「戦艦三笠保存運動」の新聞報道分析から見る戦間期日本の戦争観塚原真梨佳 (立命館大学大学院院生)
12:00-13:00大学生のラジオ番組制作におけるメディア・リテラシー教育の可能性都築美代子 (立命館大学大学院院生)
12:00-13:00「日本」に旅立つ戦後の身体:大阪万博とDISCOVER JAPANにおける「想像/上演されたモビリティ」安ウンビョル (東京大学大学院院生)

ワークショップ9

時間テーマ発表者(所属)
12:40-14:40メディアと情動:理論と事例研究の立場から司会者:滝浪佑紀 (立教大学)
問題提起者:原島大輔 (早稲田大学次世代ロボット研究機構)
問題提起者:川村覚文 (関東学院大学)
〔企画:滝浪佑紀 立教大学〕

ワークショップ10

時間テーマ発表者(所属)
12:40-14:40情報発信活動が築く、地域とマスメディアの共創関係司会者:金山智子 (情報科学芸術大学院大学)
問題提起者:大隅亮 (NHK札幌拠点放送局)
討論者:影山裕樹 (千十一編集室)
〔企画:佐野和哉 株式会社トーチ〕

ワークショップ11

時間テーマ発表者(所属)
12:40-14:40コロナ禍とメディア:日韓の比較分析から見る現状と課題司会者:小林聡明 (日本大学)
問題提起者:阪堂博之 (立教大学)
討論者:酒井信 (明治大学)
〔企画:国際委員会〕

個人・共同研究発表5

司会: (調整中)

時間テーマ発表者(所属)
13:00-13:30「ハーフ」の経験はいかにソーシャルメディア上で共有されるのか:動画およびコメント欄への会話分析的アプローチ有賀ゆうアニース (東京大学大学院院生)
13:35-14:05セクシュアル・マイノリティの語られ方:ドラマ『ポルノグラファー』を中心に萇穎 (早稲田大学大学院院生)
14:10-14:40テレビドラマにおける家族と働く女性に関する描写:『大豆田とわ子と三人の元夫』のテクスト分析からの考察鹿島千穂 (実践女子大学)

個人・共同研究発表6

司会: (調整中)

時間テーマ発表者(所属)
13:00-13:30日本のニュースルーム社会史の試み:新聞社の写真記者を事例に木下浩一 (帝京大学)
13:35-14:05明治初期の学術メディアでの精神保健:「明六雑誌」における森有礼からの考察引地達也 (一般社団法人みんなの大学校)
14:10-14:40明治・大正期の漫画絵葉書からみる夫婦のかたち早川洋行 (名古屋学院大学)

シンポジウム2

時間テーマ発表者(所属)
15:00-17:30なぜメディア研究なのか:その課題と展望報告者:津田正太郎 (慶應義塾大学)
報告者:Alexander Zahlten (Harvard University)
報告者:堀江宗正 (東京大学)
討論者:田中東子 (東京大学) 
討論者:竇 雪 (立命館大学)
司会者:烏谷昌幸 (慶應義塾大学)
司会者:丸山友美 (福山大学)

<< 2022年春季大会トップページ