選挙管理委員会からのお知らせ Notice from the Board of Elections

第39期理事候補者の選挙について

 本年度は理事選挙の年に当たります。つきましては、「理事候補者および監事候補者選出細則(2014 年5月31日総会改正議決)」に従って有権者資格の確定をいたします。具体的には、第3条(選挙権および被選挙権)の「役員改選の行われる年の1月1日現在における正会員は選挙権および被選挙権を有する。但し、役員改選の行われる年の1月1日現在において、3年以上会費を滞納している正会員と、国外居住の正会員は除く」に従って、有権者資格の有無を判定いたします。

選挙管理委員会委員

井川充雄(理事、立教大学)

丹羽美之(理事、東京大学)

白戸健一郎(筑波大学)

鳥海希世子(昭和女子大学)

三谷文栄(日本大学)

第39期理事候補者選挙の実施について

 「日本メディア学会規約」(以下、「規約」)の第14条、及び「理事候補者および監事候補者選出細則」(以下、「細則」)に基づき、第39期理事候補者選挙を実施いたします。「選挙人名簿」、「投票用紙」、「投票用封筒」、「返信用封筒」を送付しますので、有権者の方は、次に掲げる「第39期理事候補者選挙公示」の内容をご確認の上、投票を行っていただきますようお願いいたします。

選挙管理委員会委員長 井川充雄

39期理事候補者選挙公示

【選挙権、被選挙権について】

1.定数および選出方法

 理事候補者の定数は23名以内で、そのうち20名を正会員の選挙により選出し、3名以内を選挙により当選した理事候補者の推薦により選出します(「細則」第2条)。

2.選挙権および被選挙権

 理事改選の行われる年の1月1日現在における正会員は選挙権及び被選挙権を有します。ただし、役員改選の行われる年の1月1日現在において、3年以上会費を滞納している正会員と、国外居住の正会員は選挙権、被選挙権ともに有しません(「細則」第3条)。また、1月1日現在で居住地が不明の正会員は、東西いずれの選挙区に居住しているかを確定できないため、今回の選挙では、選挙権、被選挙権をともに有さないものとして扱います(第27期第15回理事会決定)。したがって、1月1日現在における正会員1173名のうち、3年以上会費を滞納している正会員38名、国外居住の正会員10名、居住地が不明の正会員15名は選挙権、被選挙権ともに有しないことになります。その結果、今回の選挙における有権者数は1110名となりました。

3.選挙区および定員

 選挙は東・西の2選挙区とし、選挙区ごとに選挙を行います。東選挙区は、静岡県、長野県、富山県以東とし、その西を西選挙区とします。各選挙区の理事の定員の配分は、各選挙区に居住する上記の有権者の数に応じて、選挙管理委員会が決定します(「細則」第4条)。今回の選挙において、国内に居住する有権者数は、東選挙区が792名、西選挙区318名となるため、東選挙区に居住する有権者は東選挙区に居住する会員の中から14名を、西選挙区に居住する有権者は西選挙区に居住する会員の中から6名を得票順に選出し、理事候補者として決定することになります(「細則」第4条、第7条)。

4.3選の禁止について

 理事及び監事は3選が禁止されています(「規約」第14条)。第38期において理事または監事に再選された結果、今回、被選挙権を有しない正会員は、東選挙区の5名と西選挙区の2名の合計7名となっています。「選挙人名簿」の氏名の左に◎がついている会員は、被選挙権を有しない会員ですので、投票の対象としないでください(無効票となります)。

【投票要領】

  • 投票にあたっては、「第39期理事候補者選挙公示」、「選挙人名簿」、「投票用紙」(東選挙区は7枚綴り、西選挙区は3枚綴り)、「投票用封筒」(小さい方の封筒)、「返信用封筒」(大きい方の封筒)を利用してください。なお、「選挙人名簿」と「投票用紙」は、東選挙区用は黄色で、西選挙区用は青色で印刷されています。
  • 「投票用紙」に、「選挙人名簿」に記載された氏名のうちから、東選挙区の場合は7名以内の氏名を連記し、西選挙区の場合は3名以内の氏名を連記してください。指定された人数よりも多い数の氏名を連記した場合は、すべての投票内容が無効となります(「細則」第4条、第6条)。なお、記入にあたっては、姓・名ともに記入してください。
  • 今回、被選挙権を有しない会員(「選挙人名簿」の氏名の左に◎印がついている会員)を除いて投票してください(「学会規約」第14条)。
  • 「投票用紙」には、同一会員の氏名を連記しないでください。同一会員の氏名を連記した場合は、何回連記しても1票として扱われます。
  • 「投票用紙」は切り離さないでください。切り離すと無効になります。
  • 投票の秘密を保つため、記入済みの「投票用紙」を「投票用封筒」(小さい方の封筒)に入れて密封してください。「投票用封筒」(小)には氏名その他を記載しないでください。氏名その他を記載した場合は無効となります。
  • 「投票用紙」を封入した「投票用封筒」(小)を、「返信用封筒」(大きい方の封筒)に入れて返送してください。「返信用封筒」(大)には、投票者の住所・氏名を必ず記入してください。記入がない場合は無効となります。
  • 投票が無効となるのは、①「投票用紙」に指定された人数よりも多い数の氏名を連記した場合、②「投票用紙」を切り離した場合、③「投票用封筒」(小)に氏名その他を記載した場合、④「返信用封筒」(大)に投票者の住所・氏名が記入されていない場合、です。
  • 投票の締切日は2023年2月28日(火)、当日消印有効です(「細則」第5条)。
  • 開票は、2023年3月7日(火)、立教大学で行います。

以上